• アトピー性皮膚炎
  • 皮膚のかゆみ
  • 慢性疾患
  • 鼻炎・花粉症
  • 過敏性大腸炎
アレルギーは、アレルゲンと呼ばれる通常は無害な物質に対して
過剰な反応をおこす免疫系の異常です。(機能不全)

例えば花粉症の方は<アレルゲン>花粉に触れると、身体は外界からの侵入者を察知します。
<アレルゲン>の花粉は血液中の IgE抗体と結合すると脂肪細胞がヒスタミンなどの炎症物質を放出します。

ヒスタミンなどの放出された場所によっておこる症状はまちまちです。

アトピーなら肌の乾燥やかゆみ、赤み、鼻水が出る、目が痛くなる、涙目、ぜんそくならゼーゼーの呼吸困難や咳、などというようにIgEの免疫グロブリンEは抗体といわれるタンパク質の1種です。「アレルギー抗体」とも呼びます。

特定の物質(アレルゲン)にアレルギーを持つ場合、免疫系は花粉などの通常は無害な物質をも身体に有害と認識します。


次に同じ(アレルゲン)花粉などに触れるとアレルギー反応をおこします。
血液検査で様々な物質に対するIgE値を知ることは、何に対してアレルギーを持つのか特定するのに役立ちます。
IgE抗体が高いほど、症状の発現の可能性も高くなります。


予防には
・アレルギー反応を起こさせない為には免疫バランスを正常に保つことが大切です。(Th1とTh2のバランス)
・食生活、生活環境、ストレスなど原因となるものを排除し、粘膜を丈夫にすることが大切です。
  • アトピー性皮ふ炎 & 皮膚のかゆみ

    オゾナジェルクリーム

    アトピー性皮ふ炎や皮膚のかゆみは、かゆみをかき破ることで悪化します。
    かゆい時、赤味の時オゾナジェルクリームをつけるとかゆみが鎮静するので、かき破ることもなくなり悪化しません。
    かゆくなったらこまめにつけてください。

おすすめサプリ&漢方

バイオリンク たんぽぽ茶 ショーキT-1 紫霊芝 腸活一兆
アレルギーには腸をキレイに解毒をしっかりすることが大切です。